メタボリック症候群と特定保健指導

2008年4月から始まった特定健康診査では40歳から74歳までの人に実施され、将来メタボリック症候群や生活習慣病になる恐れがあると判断された人に対し、生活習慣の改善を行うことを目的として、「特定保健指導」を受けるよう指導しています。

スポンサードリンク

腹囲が男性で85センチ以上、女性では90センチ以上に当てはまるメタボリック症候群の人や肥満度や血糖値、コレステロール値、血圧の測定値が悪い人は、この特定保健指導に該当します。

健診の検査値と診断によって医師、保健師、管理栄養士が「情報提供」「動機づけ支援」「積極的支援」と三段階にレベルを分けて保健指導を実施します。

「積極的支援」は早急に生活習慣の改善が必要と判断された人に行われ、本格的な指導が行われるのは「動機づけ支援」「積極的支援」の2つです。

3か月から6か月にわたって、個別面談やグループ指導、電話やメールなどによる保健指導が実施されます
検査値が正常になるまで毎年指導を受けることになりますが、まずは6か月後に生活習慣が改善されたかどうかが判定されます。

「積極的支援」をするほどでもないが、近い将来メタボリック症候群になる可能性が高いと判断された人には「動機づけ支援」が行われます。

まだ始まったばかりの特定保健指導ですが、生涯にわたる有効な健康管理に役立つものとしてメタボリック症候群の予防だけではなく、その効果が期待されています。

今後ますます高齢化が進むわが国で医療費の増大を抑えるためは、死亡者全体の3分の1を占める生活習慣病を減らすことが重要ですから、メタボリック症候群の予防と改善が不可欠なのです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

メタボリック症候群とは
メタボリック症候群とは、腹囲が男性で85センチ以上、女性は90センチ以上ある内臓......
メタボリック症候群と診断基準
メタボリック症候群や生活習慣病の増加と医療費の増加が社会問題となる中、日本循環器......
メタボリック症候群と特定健診制度
増え続ける医療費に歯止めをかけるための政策として、厚生労働省では今後5年間でメタ......
メタボリック症候群と食生活
食生活は毎日の積み重ねによって健康へ大きな影響を与え、メタボリック症候群の大きな......
メタボリック症候群と運動
運動不足はメタボリック症候群の大きな要因の一つですが、内臓脂肪は、皮下脂肪と比べ......
メタボリック症候群と高血圧
高血圧はメタボリック症候群の危険因子のうち、現在日本で最も該当者が多い病気です。......
メタボリック症候群と糖尿病
糖尿病の患者は、日本全国で約700万人いると言われ、現在国民病とも言われほど増え......
メタボリック症候群と高脂血症
高脂血症という名前は知られていますが、実際にどんな病気なのか知らない人は多いよう......
メタボリック症候群と生活習慣病
さまざまな生活習慣病になる可能性を持つメタボリック症候群の進行は、血液の流れが悪......
メタボリック症候群と喫煙
メタボリック症候群の原因である内臓脂肪と喫煙とは深い関わりがあります。 喫煙はメ......
メタボリック症候群とサプリメント
メタボリック症候群の解消には、毎日の食事で全ての栄養をバランスよく体に取り入れる......
メタボリック症候群と歯
一見無縁のように思われますがメタボリック症候群と歯は密接な関わりがあり、歯周病の......
メタボリック症候群と睡眠時無呼吸症候群
以前、肥満の人がなりやすい病気で「睡眠時無呼吸症候群」という病気が話題になりまし......
メタボリック症候群と飲酒
食生活がメタボリック症候群の大きな要因の一つがであることは知られていますが、特に......
メタボリック症候群と子ども
近年、国の調査によると子どもの肥満は30年前と比べると約2倍に増え、現在では10......
メタボリック症候群と漢方
近年、メタボリック症候群では漢方による治療など、西洋医学に代わる代替医療を求める......

▲このページのトップへ