子供のメタボリックシンドローム 診断基準と予防

メタボリックシンドロームの診断基準が大人の場合はありますが、子供の場合あいまいな診断基準となっています。

スポンサードリンク

それは、子供というのは身体的な成長が早い事や、個人によって成長にも差があるからなのです。
したがって、ウエストのサイズも何センチと定義できません。
そうなると、大人よりも子供のほうがメタボリックシンドロームの診断基準が難しくなるでしょう。

2007年には、メタボリックシンドロームの診断基準が6〜15歳の子供に対して設けられました。
子供のメタボリックシンドロームの診断基準として、腹囲が80cm以上となっています。
つまり、腹囲が80センチ以上ならばメタボリックシンドロームと診断されるのです。

他にも、メタボリックシンドロームの診断基準には高血圧や高血糖、高脂血症が2つ以上合併されている場合も、メタボリックシンドロームと判断されるでしょう。

しかし、子供の場合はメタボ体型がどのようなものなのか?という事を、導き出す場合もあります。
メタボ予備軍をどのように導き出すのかというと、ウエスト÷身長が0.5以上の場合に判断されます。
メタボ体型というのは、例えば身長が140cmでウエストが70cm以上の場合を計算してみると0.5以上になるのでメタボ予備軍と判断されます。

子供の頃にメタボ予備軍と判断された場合、大人になってもそのままの状態でいるケースも多いのです。
よって、子供のうちから体質改善を行わなくてはいけないでしょう。

体質改善を行うには、やはり食事のコントロールが一番大切です。
親が食事のコントロールをする事で、肥満体型になることを予防する事ができるのですから。
カロリーの高いものを食卓からなくすようにしてください。
ただし、栄養はしっかりと確保しながらという事を考えましょう。

大人がしっかりと管理して、子供の肥満予防を行うように注意しましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ビタミンとポリフェノールでメタボリックシンドロームの予防
悪玉コレステロールというのは、メタボリックシンドロームを予防するにおいて最大の敵......
メタボリックシンドロームの研究論文
メタボリックシンドロームについての注目度というのは、年々増加傾向にあります。 メ......
メタボリックシンドロームの関連本
メタボリックシンドロームという事に関して、現在ではとても大きな関心が寄せられてい......
予防対策としてのメタボ検診
メタボ検診が義務付けされるようになってから、数ヶ月経過した段階ですが、特に影響......
メタボ検診 特定健康診査と特定保健指導
特定健康診査及び特定保健指導となるメタボ検診というのが、2008年4月から実施さ......
大人のメタボリックシンドローム 検診の診断基準
高血糖や高血圧、高脂血症が2つ以上合併したものと、肥満が一緒になった状態をメタボ......

▲このページのトップへ