ビタミンとポリフェノールでメタボリックシンドロームの予防

悪玉コレステロールというのは、メタボリックシンドロームを予防するにおいて最大の敵といってもよいでしょう。
メタボリックシンドロームの原因となるのは、高血圧や高血糖、高脂血症といった悪玉コレステロールが血液中に含まれたものなのです。
悪玉コレステロールが含まれた血液というのは、ドロドロとした流れになっており、メタボリックシンドロームの状態そのものでしょう。
したがって、悪玉コレステロールの増加を抑えることが重要になってくるのです。

スポンサードリンク

それでは、どうすれば悪玉コレステロールが減少するのでしょうか?
答えは、食事です。
β-カロテン、ビタミンC、ビタミンEなどの栄養素を摂取する事が、悪玉コレステロールを体内に作らないためには必要な事です。
これらの栄養素には、悪玉コレステロールを作る際のメカニズムを予防する力があるのです。
LDLコレステロールが酸化することで、悪玉コレステロールが増えていく為、栄養素がこの酸化を防ぐのです。

これらの栄養素を含んだ食べ物として、何があるのでしょうか?

「β-カロテン」・・・かぼちゃやにんじん等の緑黄色野菜になります。
「ビタミンC」・・・イチゴやブロッコリーに多く含まれています。
「ビタミンC」・・・レモンが一般的に知られていますが、他にもビタミンCを含んだ食材も多数あります。
「ビタミンE」・・・小麦胚芽や植物油などに含まれています。
※ただし、油の摂り過ぎには注意しましょう。

他にも、悪玉コレステロール駆除には、お茶やワイン、青魚が良いと言われています。
ポリフェノールが含まれているお茶やワイン、DHAが豊富な青魚なども予防の為に積極的に摂るようにしましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

メタボリックシンドロームの研究論文
メタボリックシンドロームについての注目度というのは、年々増加傾向にあります。 メ......
メタボリックシンドロームの関連本
メタボリックシンドロームという事に関して、現在ではとても大きな関心が寄せられてい......
予防対策としてのメタボ検診
メタボ検診が義務付けされるようになってから、数ヶ月経過した段階ですが、特に影響......
メタボ検診 特定健康診査と特定保健指導
特定健康診査及び特定保健指導となるメタボ検診というのが、2008年4月から実施さ......
子供のメタボリックシンドローム 診断基準と予防
メタボリックシンドロームの診断基準が大人の場合はありますが、子供の場合あいまいな......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

メタボリックシンドローム予防:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://yobou.f122.com/metabo/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。