メタボリック症候群と食生活の改善

メタボリック症候群は生活習慣病といって、日頃の食生活や生活習慣に大きな影響を受けています。

スポンサードリンク

中でも、運動不足同様改善が求められるのは、食生活の改善です。
食事の改善で一番重要な事はカロリーを抑える事はもちろん、揚げ物や甘い物を控える事が大切です。

又、脂肪をつきにくくする為には、栄養のバランスを整える事が大切です。
手軽にサプリメントで補給する事もできますが、食事の味付けを薄くしたり、ラーメンなどのスープを残すなど、日頃の食事を意識して抑えるだけでも少なからず効果があります。

そのほか、食事を取る時間帯や間隔なども大切です。
食事の間隔が短かったり、夜遅い時間の飲食はエネルギーを使い切る事ができない為、体重増加や脂肪の増加を招いてしまいます。

反対に、食事の間隔が空き過ぎたりしてもエネルギーが不足するため体にあまり良くありません。

又、食事を取るときもゆっくり良く噛んで食べる事が大切です。
噛まずに食べると、満腹感が感じにくくなり食べすぎの元となります。

そして、飲酒もアルコールが食欲を増加させるため、食べすぎの原因となる為、注意しましょう。
このように、バランスの良い食生活を送る事が、メタボリック症候群の予防に繋がります。

バランスを意識して食事を取るのに便利なのが、厚生労働省と農林水産省が共同作成した「食事バランスガイド」です。
食品の栄養素や1日に必要な摂取量が記載されている為、毎日の食生活で活用しやすい表になっています。

最近では、スーパーやお弁当屋さんなどでも目にする事が増えました。食事を作る際、購入する際に是非参考してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

メタボリック症候群
メタボリック症候群は、腹囲、高血圧、高血糖、高脂血症、いずれか2つの症状が合せて......
メタボリック症候群の原因 生活習慣
メタボリック症候群の原因は、生活習慣が大きな確率を締めています。 一番の原因は、......
メタボリック症候群と特定保健指導
メタボリック症候群の判断基準で最も解りやすいのが、腹囲です。 男性が85センチ以......
メタボリック症候群の診断基準 腹囲,高血圧,高血糖,高脂血症
メタボリックシンドローム診断基準とは、2005年に日本循環器学会、日本動脈硬化学......
メタボリック症候群と高血圧
血圧とは、血管の中を血液が通る圧力の事を言います。 血液は心臓から送り出されてい......
メタボリック症候群と糖尿病
糖尿病は日本人の国民病と呼ばれるほど、患者数の多い病気です。その数は、日本全国で......
メタボリック症候群と運動
運動不足を解消することで、メタボリック症候群の危険性が減ると言われています。 メ......
メタボリック症候群と生活習慣病
なぜ今、メタボリック症候群が大きく問題視されているのでしょうか。 国が対策を行っ......
メタボリック症候群と喫煙
喫煙している人は、喫煙していない人に比べて1.2倍メタボリック症候群になる確率が......
メタボリック症候群と高脂血症
高脂血症は、メタボリック症候群の判断基準となる症状の一つです。 最近良く耳にする......
メタボリック症候群と歯周病
歯周病とメタボリック症候群の以外な関係知っていますか。 歯周病とは、歯と歯茎の間......
睡眠時無呼吸症候群とメタボリック症候群
睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸が止まる病気で、大体、1時間に5回以上、又は......
メタボリック症候群とサプリメント
特定検診が行われるようになってから、メタボリック症候群を気にかけて運動や食生活を......
子供とメタボリック症候群
メタボリック症候群は大人がなるものと決め付けていませんか? 最近では、子供の肥満......
漢方薬でメタボリック症候群改善
メタボリック症候群を改善、予防する為に様々な方法が用いられています。 運動や、食......
メタボリック症候群と飲酒
あなたはお酒を1週間に何回飲みますか? 最近の調査では、1週間に4回お酒を飲む人......
ウォーキングでメタボ解消
メタボリック症候群の解消法として、有効的な運動は有酸素運動です。 有酸素運動を行......
筋トレとメタボリック症候群
メタボリック症候群が増える年代、40代、50代に共通している身体の変化は、筋肉の......

▲このページのトップへ